OSAKA YOUTH PLAYBACK2018 Vo6.みしま地区

OSAKA YOUTH PLAYBACK2018 Vo6.みしま地区

『防災キャラバン 2018 わくわくアウトドアプログラム計画、奉仕』2018.9.2 イオンモール茨木

担当者Q&A
佐坂さん(ユース3年目・RS隊)
―この活動が選ばれた理由
2018年度みしま地区ローバースとしても1つのブースを出店し、1番力を入れたからです。

―この活動をローバーとして受けようと思った理由
今後ローバースの仲間を増やしたいからその宣伝も兼ねてこの話を受けました。

―担当をしようと思った理由
地区代表だからです。

―印象に残っていること
私達が考えたゲームが思った以上に大人の方に好評だったことです。

―苦労したこと
当日のローバーの人集めが苦労しました

―大事にした事
今後のみしま地区ローバースの繋がりを作れるような環境を大事にしました。

―これを経てどんな地区にしたい、なってほしい
地区から必要とされるみしま地区ローバースでありたい。

【文/写真:みしま地区ユース提供、企画構成:広報タスクチーム員・谷 満梨奈】

OSAKA YOUTH PLAYBACK2018 Vo5.なみはや地区

OSAKA YOUTH PLAYBACK2018 Vo5.なみはや地区

『ユースキャンプ』2018.9.8-9 兵庫県 中畑林間ファミリー園

~地区広報担当からのメッセージ~
天候不良のため、若干のプログラム変更を余儀なくされましたが、それでも大雨に負けまいと、パワフルなユース達が有意義な時間を過ごしました。
今回は6名の参加でしたが、次回はもっと大人数で楽しい時間を過ごせたらと思います!
なみはや地区ユース、これからも様々な活動を展開していきます!

【文/写真:なみはや地区ユース提供、企画構成:広報タスクチーム員・谷 満梨奈】

OSAKA YOUTH PLAYBACK2018 Vo4.かわち地区

OSAKA YOUTH PLAYBACK2018 Vo4.かわち地区

『地区ビバリンピック奉仕』2018.5.20 八尾市南高安小学校

担当者Q&A
平田さん(ユース2年目・RS隊兼BVS副長)

―活動のきっかけや目的
地区から、地区RSに奉仕要請がきたため。目的は、活動の広報。

―担当をやろうと思った理由
後輩スカウトにローバーならではの、楽しみを伝えられたらと考えたから。

―印象に残っていること
ビーバースカウトたちの嬉しそうな、楽しそうな顔

―苦労したこと
周りが住宅街の小学校で実施したため、グラウンド中に聞こえるようなマイクの音量にできなかった。そのため、指示がなかなか行き渡らなかったこと。

―大事にしたこと
ビーバースカウトが楽しめるゲームを考案し、運営すること

―裏話
本当は勝ち負けがあり、順位によってメダルが授与されるものだったが、すべての参加隊のスカウトにメダルが行き渡るようにしたこと。

―これを経て、これからの地区に望むこと
少しでもお世話になった方々に恩を返せるように、積極的に奉仕活動には参加すること

【文/写真:かわち地区ユース提供、企画構成:広報タスクチーム員・谷 満梨奈】